下記、通信隊にてYBBLのブロック長を行う際の仕事内容です。
異なる会場、異なる大会でブロック長を行う場合は、下記を参考に状況およおびルールに合わせて下さい。

<持ち物>
 筆記用具、カウンター、 ストップウォッチ(本部にタイマーがあると思いますがもう1つあれば安心) 


<通信隊ゲート(受け入れ)>
 @招待チームから通信隊到着10分前に 電話を受ける。

 A招待チームに通信隊パスカードに渡し、駐車指示をする。

 Bグランドへの行き方と注意事項を伝える。


<試合開始前>
 @試合開始‪1時‬間前には試合会場準備をする。

 A対戦チームを確認する。

 Bグランドに入れて練習させる。
   (グランド管理者に確認要)

 C試合30分前に、攻守を決める。  
   (キャプテンにボールとメンバー表を提出し てもらう。)
  *グランド管理立ち会い。
    両監督に グランドルール説明。自分自身も確認しておく。
  *メンバー表をもらったら、登録メンバーと 見合せる。間違えがあればメンバー表の修正を行ってもらう。名簿を修正する場合も有る。

 D試合30分前に審判が来たら、球審を決めてもらう。

 E15分前にシートノック
  *朝一番の第一試合のみ。
  *シートノックは後攻から5分間。
  *シートノック2分前に声をかける。

 F両チームのノックが終わったらグランド整備。審判に声をかけて試合開始。

 G球審のプレイのコールで時計スタート。 90分。両チームも時間を計っているので正確に! 


<試合中>

 @前の試合終了30〜40前に次の試合のチームが来る。キャプテンを呼んで攻守を決める。

 A次の試合の両チームのピッチャーの投球練習は、30分前か5回終了時から。
   *必ずコーチを1名つける。

 B試合終了後、チーム入れ替え。   

 C次の試合の審判確認。
   *基本、勝ったチームにまん中(球審、二審) をお願いする。ちょっと無理となった場合は 双方で話し合いで決めてもらう。

 D監督か連絡係の方に、次のスケジュールはブロック長から連絡入れる事を伝える。

 Eその他
   *試合中、球審からカウントやルールについて聞かれる事があるので、試合はしっかり見ましょう。打順のチェックも正確に。
   *ネクストでの素振りは禁止。
   *メンバー交代の際もメンバー表チェック。
   *得点板の記入。 
 

<ルール>
 ・コールドゲーム 3回10点差 5回7点差  雨天の場合   4回終了 

 ・守備側のタイム  7回までに3回のタイムが可能

 ・攻撃側のタイム  7回までに3回のタイムが可能

 

その他、詳細は本部にある大会要項も事前確認して下さい。 

 

<通信隊ゲート(パス回収)>

 @試合終了後、帰り予定を招待チーム監督に確認する。

 A通信隊ゲートで、パスを回収し、退場ルートを指示する。(パイロン左から退場するよう伝える)

END